はじめてお手に取られた方はびっくりされると思います。でもこの色は決して合成の着色料ではなく、創業以来こだわり続けて配合している紫根の色なのです。紫根はムラサキの根から抽出されるエキスで配合成分名はシコンエキスと表示されています。消炎作用や真皮などの再生を促す効果に優れていて古くから漢方軟膏薬の「紫雲膏」の主成分として有名です。
この匂いの原因も紫根によるものです。最初の内は少し気になるかもしれませんがご使用いただくうちに気にならなくなると思います。香料を添加すれば良いと思われる方もいらっしゃると思いますが、香料は皮膚トラブルの大きな要因であるため、少しでもお肌への負担をなくすために添加していません。
化粧品の中に、『医薬部外品』と表示された商品があります。難しそうな表現ですが、薬と化粧品の中間に位置するものと考えてよいでしょう。医薬部外品については、全成分表示義務はなく、ほとんどのメーカーでは表示しておりません。しかし、ジェルシィ化粧品では、商品をより安心してご使用いただくために全成分をお知らせすることに致しました。正しい成分知識・商品情報をより積極的にお伝えできますようにと考えたからです。
化粧品に配合されているすべての成分の名称を表示することです。これまでは、化粧品の中の『表示指定成分』だけが表示されていましたが、2001年4月1日よりすべての成分の名称が表示されます。
※『表示指定成分』とは、“ごくまれに、アレルギーなど皮膚障害を起こす可能性がある成分”として厚生省が指定し、表示することが義務づけられた成分です。
化粧品を製造したり、販売するためには『薬事法』という法律を守らなければなりません。2001年4月1日からこの薬事法が改正され、これにより化粧品メーカーの自己責任が明確となり、これまで以上に化粧品の安全性・安定性を含めた品質の向上に努めることになります。
成分表示では、配合量の多い成分名を表示し、配合量が1%以下の成分については順不同で表示することになります。表示する場所は、商品の容器・外箱の裏側・側面など、すぐ目につく場所に表示します。
(ジェルシィ化粧品では当面、総合カタログ、ホームページで表示し、随時切り替え致します。)
化粧品の配合成分がすべて分かることで、お客様がご自分でお使いになる化粧品の情報量が増え、肌質や好みに合った商品を購入されたい時、メーカー側に問い合わせをされなくても、ご自分で確かめて頂くことができます。また、肌にトラブルが発生してしまった時も全成分が表示されているパッケージを医療機関にお持ち頂くだけで治療をスムーズに行うのに役立ちます。